コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

コーチングという言葉はよく聞きますが、実際には何をしているのでしょうか?

コーチは、クライアントと会話を重ねることで、クライアントが目標達成に必要なスキルや知識を身に付け、行動をするための伴走者の役割をします。コーチはクライアントに新しい気付きをもたらしたり、行動の選択肢を増やしたり、実際に行動を起こしたりするための、効果的な質問をする訓練を受けています。また、各セッションを戦略的なものにするために、コーチはコーチング・フローに基づいて質問をしています。

コーチング・フローとは、
1.現状を明確にし、
2.望ましい状態を明確にし、
3.現状と望ましい状態のギャップを引き起こしている理由と背景を発見し、
4.行動を決定する
プロセスです。

中でも重要なのは、現状と望ましい状態のギャップを引き起こしている理由や背景を知ることです。このギャップの原因をクライアントが本当に納得して発見することができると、そのとき、自発的に行動したいという気もちが生じます。その結果、クライアントの行動が変容します。

コーチングの期間は3ヶ月、1年など様々ですが、基本的にこのフローに基づいて行われます。ただし、このフローはクライアントの状況やテーマに応じて個別に活用されることがポイントです。ある人は現状の明確化を、ある人は望ましい状態の明確化を重点的に扱うといった具合です。人はそれぞれ違いますので、コーチングにおいて個別対応(Tailor-made)は非常に重要です。

出典:伊藤守「コーチングQ&A」繊研新聞

コーチ・エィ アカデミアについてもっと知りたい方は
無料説明会へご参加ください。


東京・大阪・名古屋・福岡・中国開催

コーチング型マネジメントの理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」についてご紹介します。

無料説明会
日程など詳細・予約はこちら

日本全国・海外から(電話)

オフィスや自宅、海外からもご参加いただける電話での説明会です。2-3名という少人数の参加者で進めていきます。

無料説明会(電話)
日程など詳細・予約はこちら