コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

コーチングを職場に導入すると、どのようなメリットがありますか?(その2)

コーチングスキルの重要なものとして「アクノレッジメント(承認)」という考え方があります。これはコーチングでは「相手の存在を認め、さらに相手に現れている違いや変化、成長や成果にいち早く気づき、それを言語化して、相手に伝えること」と定義しています。

アクノレッジメントの例としては、上司から部下への「最後までやり通したね」「君はいつも一番に電話をとるね」などの声がけがあります。これは見たままの事実を伝えているのですが、それだけで部下のモチベーションを高め、望ましい行動を継続してもらうことができます。部下にとって、上司とつながっている感覚や行動を認められている感覚があるからです。もちろん、アクノレッジメントは上司と部下の関係だけではなく、同僚同士でもモチベーションを高める効果があります。

アクノレッジメントは、受け手の成長を促す重要なスキルですが、アクノレッジメントをするためには、まず、普段からの観察が重要です。普段から相手をよく観察していないと、変化や成長に気づくことはできません。どんな小さなことでもいいのです。とにかく見つけて伝える、そのことが大切です。それが「あなたを見ているよ」というメッセージとして相手に伝わります。

アクノレッジメントをされると、受け手は自分自身が成長し、変化していることが分かり喜びを覚えます。そしてこの自己成長感は、やる気や自発性を促すエネルギー源となります。そこで、アクノレッジメントの流通している組織では個人のモチベーションが上がり、それが業績の向上に大きな影響を与えるのです。

出典:伊藤守「コーチングQ&A」繊研新聞

コーチ・エィ アカデミアについてもっと知りたい方は
無料説明会へご参加ください。


東京・大阪・名古屋・福岡・中国開催

コーチング型マネジメントの理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」についてご紹介します。

無料説明会
日程など詳細・予約はこちら

日本全国・海外から(電話)

オフィスや自宅、海外からもご参加いただける電話での説明会です。2-3名という少人数の参加者で進めていきます。

無料説明会(電話)
日程など詳細・予約はこちら