あなたは、リーダーとして成果につながる「対話」を生み出していますか?

時代の変化が激しく、改革やイノベーションが必要とされる今、リーダーに求められるスキルは変化しています。

1ビジネス環境の変化

  • 過去の経験や実績に頼らずに、もっと効果的に部下を育成したい
  • 正解がない中でも、スピーディに成果を出したい

2人と組織の変化

  • 働き方改革や働き方の多様化の中で、成果を出したい
  • 外国人や年上の部下との接し方がをうまく行いたい
  • 転職が一般化しているが、部下には中長期にわたって活躍してほしい

3イノベーションの必要性

  • 今までにない新しい挑戦を起こしたい
  • もっと業務改善をしていきたい

従来のマネジメントにコーチングをプラスしたコーチング型マネジメント

 
従来型マネジメント
コーチング型マネジメント

メリット
  • 一度に大勢の人数を育成できる
  • やり方や価値観の統一を図ることができる
  • 速いスピードで育成できる
  • 相手の考える力を育て、自発性や応用力、再現性を高められる
  • 相手の可能性を引き出すことができる
  • 相手の個性を活かすことができる
  • 相手の学習力自体を上げることができる

デメリット
  • 教える側の知識や経験に左右される
  • 教えられる人の個性は活かされない
  • 教えられる側を受け身にさせる
  • ある程度の時間がかかる
  • 一度に大勢を育成するのは難しい
  • 相手に全く知識が経験がないとき

適した場面
  • 基本的な知識を教えるとき
  • 社内のルールを徹底させるとき
  • 緊急性が高いとき
  • コンプライアンスを順守させるとき
  • 定期的な1on1面談で相手の成長と行動を促したいとき
  • 本人の中にしかない情報やリソースにアクセスしたいとき
  • 答えを見つけるプロセスを学習させたいとき
  • 目先の答えだけを与えたくないとき
  • 自発的な行動を促したいとき

従来型マネジメント

  • メリット

    • 一度に大勢の人数を育成できる
    • やり方や価値観の統一を図ることができる
    • 速いスピードで育成できる
  • デメリット

    • 教える側の知識や経験に左右される
    • 教えられる人の個性は活かされない
    • 教えられる側を受け身にさせる
  • 適した場面

    • 基本的な知識を教えるとき
    • 社内のルールを徹底させるとき
    • 緊急性が高いとき
    • コンプライアンスを順守させるとき

コーチング型マネジメント

  • メリット

    • 相手の考える力を育て、自発性や応用力、再現性を高められる
    • 相手の可能性を引き出すことができる
    • 相手の個性を活かすことができる
    • 相手の学習力自体を上げることができる
  • デメリット

    • ある程度の時間がかかる
    • 一度に大勢を育成するのは難しい
    • 相手に全く知識が経験がないとき
  • 適した場面

    • 本人の中にしかない情報やリソースにアクセスしたいとき
    • 答えを見つけるプロセスを学習させたいとき
    • 目先の答えだけを与えたくないとき
    • 自発的な行動を促したいとき

コーチング型マネジメントが起こす4つの変化

コーチング型マネジメントを実践するコーチング型マネージャーは、部下や組織のマネジメントに効果的にコーチングを取り入れることで、部下との対等な「対話」を起こし、部下の主体性を引き出し、考える力を高め、組織の力を高めていきます。

1部下が自分で考えるようになる
2部下が自ら行動するようになる
3組織が活性化する
4組織の目標が達成される
業績が上がる
部下が成長する

でも、こんなことはありませんか......

  • マネジメントやコーチングの本で書かれていることと、目の前の部下や組織は異なっていて、スキルが通じない。
  • 頭ではわかっていても、今までのマネジメントスタイルから変化することができない。
  • 研修でコーチングやマネジメントを学んだけど、具体的にどうして良いのかわかならい。
知識と行動の間には深い溝がある

"コーチング型マネジメントは書籍や一過性の研修だけでは決して身につきません。
知識と行動の間にある深い溝を埋め、コーチングを効果的にマネジメントに取り入れるためには継続的な学びが必要です。

コーチ・エィ アカデミアで
コーチング型マネジメントを学ぶ

コーチ・エィ アカデミアでは、コーチングスキルだけではなく、コーチング型マネジメントがなぜ機能するのか(理論)、具体的な効果的な活用の仕方を、1年〜1年半かけて継続的に学び続けます。

受講生一人ひとりにコーチがつき、あなたの目標達成と学習促進をサポートします。定期的にコーチングを受けることによって、自らのマネジメントのスタイルについて棚卸しし、目指す組織・部下育成を都度具体化しながら、「コーチング型マネジメント」を学びます。

知識と行動の間には深い溝がある

コーチ・エィ アカデミアで学ぶこと

1組織を動かす能力
2相手を育成する能力
3相手のモチベーションを高める能力
4相手の主体的な考えや行動を促す能力
5相手と一歩踏み込んだ会話を起こす能力
6マネージャー・コーチとしてのマインドセット

コーチング型マネジメントを学んだ成果

組織でやりたいと思いながらも出来ていなかったことをどんどん実行に移すようになっています。組織内のコミュニケーションについても、より率直かつ具体的になっています。

(コンサルティング サービス企画 30代)

毎週の1on1の中で、部下が自分の考えを以前より積極的に話す事が多くなりました。結果、考えや目標が明確になることで、行動も速やかになり、個人、組織でのパフォーマンスがあがっています。

(製薬会社 研修担当 50代)

圧倒的にチーム内でのコミュニケーション量が増えました。

(広告代理店 部長 50代)

残業は、削減するために自己努力のみならず、他者の協力を仰ぐとか、上司に自分の仕事を評価してもらうなど、チームで協力し合うことが有効であるということに気づいた社員がいます。コーチングを通して問題解決を実現できた事例です。

(コンサルタント 拠点マネージャー 50代)


ページトップへ