国際コーチ連盟(ICF) 認定コーチ資格 | 認定コーチ資格 | coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア) | コーチングの全てを学ぶコーチング・プログラム

ホーム > コーチ資格の取得

国際コーチ連盟(ICF) 認定コーチ資格

coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)は約90カ国 17,000人以上の会員を持つ世界最大のコーチの非営利団体である「国際コーチ連盟(ICF)」により、コーチ育成基準を満たすコーチ育成プログラムとしてACTP(Accredited Coach Training Program)に認定されているプログラムです。coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)のプレミアムコースを受講することで、国際コーチ連盟認定コーチ受験のためのトレーニング基準を満たします。国際コーチ連盟(ICF) の認定資格はグローバルでコーチとして活躍するためには必須の資格です。

国際コーチ連盟資格の受験条件概要

プロフェッショナル認定コーチ
(PCC: Professional Certified Coach)
・ICF認定コーチ・トレーニング・プログラムの修了(ACTP認定修了)
・500時間のコーチング実績 など
マスター認定コーチ
(MCC: Master Certified Coach)
・ICF認定コーチ・トレーニング・プログラムの修了(ACTP認定修了)
・2,500時間のコーチング実績 など

詳細の情報は、国際コーチ連盟(ICF)のサイトをご自身でご確認ください。試験の条件は不定期で変更となる可能性があります。

ACTP認定修了について

ACTP認定修了は、国際コーチ連盟(ICF)の資格取得申請のために必要となります。 ACTP認定修了を取得するためには、coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)のプレミアムコースの履修が終わった後のちに、「ACTP認定修了試験」を受験し、合格する必要があります。

ACTP認定修了試験
受験申請条件

coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)のオンラインクラスU01~U30をすべて履修し、実参加単位が120単位ある。
ただし、欠席した時間数は次のオプションプログラムで補うことができる。

【オプションプログラム】
・コーチング・ライブ(8時間:8単位)
・インタラクティブ・トレーニング(8時間:8単位)
・アドバンス(実参加時間のみ)
 ※2016年1月以降は、全アドバンスクラスが対象となります

メンターコーチによるコーチングを6ヵ月以上受けている。
※メンターコーチとはICFのプロフェッショナル認定コーチ(PCC)かマスター認定コーチ(MCC)を取得しているコーチをいいます。

25人以上のクライアントを通算500時間以上コーチしている。
(そのうち、無料のコーチングは50時間以内であること)

国際コーチ連盟(ICF)認定資格取得までの流れ

coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)およびCTP(Coach Training Program)は、国際コーチ連盟(ICF:International Coach Federation)にICF認定コーチ・トレーニング・プログラム(ACTP:Accredited Coach Training Program)と認定されているプログラムです。

ICF認定資格取得の申請は随時、認定修了試験は、毎年1回9月に実施しています。

受験申請条件をそろえ、受験申請をしてから資格取得までの流れは以下のとおりです。

※認定修了試験をご受験の場合は、ご自身のメンバーページよりお手続きいただきます。 履修有効期間が終了した方で、メンバーズ会員以外の方は、メンバーズご入会のお手続きをお願いいたします。

あなたのマネジメントにコーチングをどのように活かしますか。

コーチング・プログラム説明会(無料)
日程・会場 / 予約