日本で最も取得されているコーチングの資格とは | コーチ・エィ アカデミア | コーチ型マネジメントの 理論・スキル・実践方法を学ぶ

ホーム >

コーチの資格取得

国際基準と国内基準。最もスタンダードなコーチ資格の取得

コーチングの資格は、コーチとしてのトレーニング実績や、スキル、経験を証明するものです。coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)を受講し、一定の基準を満たすことで、文部科学省外郭団体「一般財団法人生涯学習開発財団」と「国際コーチ連盟(ICF)」の認定コーチ資格を取得することができます。コーチングの学習の成果を実証するコーチの資格を自分の財産とし、現場で活かすことで、より高い成果を上げ続けることが可能になります。

(一財)生涯学習開発財団認定コーチ資格

国内のコーチングの資格の中で、もっとも代表的な資格が一般財団法人生涯学習開発財団認定コーチ(以下認定コーチ)です。 1999年に一般財団法人生涯学習開発財団の認可を受け、現在までに6,000人以上の認定コーチが誕生しています。coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)を受講しコーチとしての実績を積むことで、その段階に応じた3段階の認定資格にチャレンジするための受験条件を満たすことができます。

国際コーチ連盟(ICF) 認定コーチ資格

coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)は約90カ国 17,000人以上の会員を持つ世界最大のコーチの非営利団体である「国際コーチ連盟(ICF)」により、コーチ育成基準を満たすコーチ育成プログラムとしてACTP(Accredited Coach Training Program)に認定されているプログラムです。coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)のプレミアムコースを受講することで、国際コーチ連盟認定コーチ受験のためのトレーニング基準を満たします。国際コーチ連盟(ICF) の認定資格はグローバルでコーチとして活躍するためには必須の資格です。

あなたのマネジメントにコーチングをどのように活かしますか。

コーチング・プログラム説明会(無料)
日程・会場 / 予約