コーチングとは? - コーチングを学ぶ目的、メリット | coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

80%以上の企業で
「管理職・リーダーが
コーチングを活用している」

International Coach Federation and Human Capital Institue, "Builing a Coaching Culture", 2014 より

部下をもつ上司の多くが抱えている
次のような問題について、
あなたはいくつ
解決策をもっているでしょうか。

↓

これらの問題は、
目先の方法論で解決できることではありません。
一歩踏み込んだコミュニケーションを
作り出すことが必要です。

コーチングとは、
対話を重ねるコミュニケーションを通して
コーチを受ける対象者が目標達成に
必要なスキル・知識・考え方を備え、
行動することを支援し、成果を出させるプロセス
つまり、
「相手が自ら考え、自発的に行動し成長していく」ことを、
双方のコミュニケーションによって実現するスキルです。

コーチングの基本は教えないこと


コーチングでは教えることの代わりに次のようなことを行います。

01.
目標を明確に設定する
02.
目標達成に必要な行動をたな卸しする
03.
考え方や行動の選択肢を増やす
04.
継続して振り返る

コーチは「問いかけて聞く」という対話を通して、
相手自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。
コーチングは相手の自発的な行動を引き出すことで相手を成功に導く手法です。

リーダーが
コーチングスキルを身につける価値


社内のコミュニケーションに着目し、
コーチングを導入することで、
飛躍的に業績を伸ばしたり、
リスクを減らしているリーダーが生まれています。

リーダー自ら会話を創り出し、
組織活性化で成果創出

西尾進 様Susumu NISIO

大手損害保険会社 自動車営業開発部 担当部長
(2015年4月受講開始)
(一財)生涯学習開発財団認定コーチ
第一営業部 マネージャー

  • リーダーの仕事、それは「会話を創り出すこと」
    • 組織のダイバーシティーが進む中、これまでのやり方では組織として成果を出し続けるのは難しいと感じていたところ、「リーダーにはコーチングが必須」と確信し、取り組みをスタートしました。そんな中、心に強く響いたのが、マニュアルの次のフレーズでした。

      『有能なリーダーには、ある特徴的な能力、「日常的なコミュニケーションを頻繁に交わすことができる力」が備わっている。日々の何気ない会話を数多く交わすことで信頼関係を築き、部下のモチベーションを上げる。そのために、常に相手の状態に関心を持ち、直ぐに変化を感じ取る。リーダの仕事とは、会話を創り出すこと。』(抜粋編集)

  • 「遠慮なく声をかけて」と伝えてはいたものの…
    • もともとコミュニケーションは重要と思い、課長層とは年中打ち合わせをし、部員とも年4回の個人面談や毎月の懇親会を行い、「何かあれば遠慮なく声をかけて」と常に伝えてはいました。しかし、実際には、印鑑をもらう時以外、彼らから声をかけてくることはめったにありませんでした。

  • まず「自分が変わる」すると変化が連動する
    • 正直、長年のコミュニケーションスタイルを変えるのは相当なハードルでしたし、葛藤もありました。しかし、まずはリーダーの私が実践しなければと決心し、「会話を創り出す」ために、部員たちに私から声をかけるようになりました。いざ声をかけてみると、みなよく話してくれ、私も現場の様子がよくわかるようになりました。トップの私が率先して声をかけることで、課長と部員、部員同士のコミュニケーションの量と質も徐々に増し、風通しが良く、活気・元気のある、気持ちのつながった組織になりました。結果として営業成績にも繋がっていきました。

  • マネジメントとは「人創り」であり、「組織づくり」
    • コーチングには、人と関わる大切な知恵がつまっています。それは、部下、社内に限らず、あらゆる人間関係構築、信頼関係構築、そして、人生の豊さにつながる知恵です。CoachAcademiaで共に学んだ受講者には、さまざまな業界の責任者、女性リーダー、海外駐在員の方も複数いました。業種は違えど、マネジメントは人と組織創りであり、そのためにコーチングが有効であることを実感しています。

コーチ型マネジメントで
「利益2倍」の常勝組織に

平川雅之 様Masayuki HIRAKAWA

株式会社プロフィット・ラボラトリー 代表
(2015年5月受講開始)

  • 「指示命令10割」のリーダーシップの果てに
    • 事業の横ばい状態が続き、危機感とイライラ感が募った時に出会ったのが、コーチングです。もともと私はいわば、「指示命令10割」のリーダー、いわば、典型的なトップダウン型のベンチャー社長でしたので、部下たちから私に話しかけてくるようなことはなく、必要な情報が私にあがってこないという状態の組織でした。コーチングを身につければ、部下も組織も変わるのではないかと思いました。

  • 人を「動かす」のではなく、人に「動いてもらう」
    • コーチングの「理論」を学びながら「実践」する中で、まず私の中に変化が起きました。リーダーの役割とは、いかに社員が気持ちよく働ける環境を整え、彼らのモチベーションを上げていけるか。つまり、「部下の能力やパフォーマンスを引き出すこと」であり、人を「動かす」のではなく、人に「動いてもらう」のだと確信しました。

  • 「コーチ型リーダーシップ」がもたらしたもの
    • そして、ふるまいをコーチ型コミュニケーションへと180度変えていきました。具体的には、「コーチング9割、ティーチング1割」のリーダーとして、相手に興味をもって話を聞き、積極的に質問し、部下のアイディアや発言を「いいね」と承認もするようになりました。すると、彼らから声をかけてくる機会も頻度も圧倒的に増え、社員たちが遠慮なく意見を言うようになっていきました。明らかに組織風土が変化し、社員のモチベーションや主体性の向上、業績向上が実現され、当初の目的であった利益2倍も達成されました。

  • リーダー、そして、リーダーを目指すすべての人に
    • 組織を率いるリーダーや経営者に、コーチングは必須だと思います。コーチングを学び、実践したことで、業績にもつながったことに加え、自分自身がリーダーとして成長できました。リーダーのみならず、これからリーダーを目指すすべての人に、コーチングを学んでいってもらいたいと思います。

マネジャーとしての成長と、
コーチング

遠藤理恵 様Rie ENDO

株式会社セールスフォース・ドットコム
(2015年7月受講開始)

  • 1対1で関わることで、活力ある環境をつくる
    • 部下が増え、組織も大きくなる中、チームをよりよくまとめるために身につけたいと思ったのが、「人を育てるスキルであるコーチング」でした。

      一番最初に学んだ「タイプ分け」をきっかけに、たとえば、一人ひとり褒め方も変えるなど、相手に合わせたマネジメントをするようになりました。以前は、苦手なタイプの人との会話を極力避ける傾向がありましたが、さまざまなタイプの人と接することが「楽しい」と思えるようになりました。また、学習していくうちに、部下の成長ステージに合わせて関わりも変える必要性があることにも気づきました。 1対1で関わるのは時間が掛かることですが、相手にとっては「自分を信じてくれている」という嬉しさや安心感が生まれるようです。今、部門では、お互いを尊重できる、活力のあるイキイキとした環境ができています。

  • 上司との関係性も変化、その結果…
    • 上司に対しても、「どのような部下だと上司はやりやすいか」と、相手の立場で考えるようになり、接し方が変わりました。すると、上司との会話量も増え、関係性も近くなり、より細かなことも相談できるようになったことで、私の判断やアクションがスピーディーになっています。

      結果的に、社内外のリソースを有効に活用している、現在の役職・立場より一段上の仕事ができている、との評価もいただくようになりました。

  • 他の受講者から新たな視点を学ぶ
    • 電話クラスでは、受講者同士でコーチングの実習を行い、クラスコーチや他の受講者からフィードバックをもらえ、自分とは異なる、さまざまな考え方や価値観、視点を得ることができます。電話なので、自宅や会社の会議室以外、たとえば国内外の出張先からでも参加できます。この柔軟な受講スタイルのおかげで、子育て・仕事と学びの両立ができています。

「リーダー」となる、
その前に備える

新海一郎 様Ichiro SHINKAI

外資系製薬メーカー 営業企画部門
(2014年8月受講スタート)
(一財)生涯学習開発財団認定コーチ 

  • 部下を持つ、その前にリーダーシップ開発を
    • 営業・営業企画を担当していますが、環境はどんどん変わり、10年前、ほんの5年前の成功体験ですら、全く通用しなくなっています。また、営業を推進する部署として、いろいろな支店・営業所を見ていると、現場の管理職はもちろん、後輩を指導する立場の若手社員まで、コミュニケーションで困っている人が思う以上に多いことに気づきました。

      「そんな中、リーダーシップを発揮するには何が必要か」を考えるうちに、指示命令型マネジメントではない、相手の主体性を引き出すコーチングのアプローチに興味を持ちました。実際に部下を持ってからでは遅いと思い、管理職になる前に学ぼうと決めました。

  • コーチングを身につけるための3本柱
    • coachAcademiaは、コーチングを「学ぶ」・「受ける」・「実践する」の3本柱から構成されています。コーチングを身につけるにあたり、特にプロのコーチングを受けられることに大きなメリットを感じました。また、業務時間が不規則なため、電話会議システムを活用して、時間や場所を選ばずに受講できることも魅力でした。

  • メンバーを束ね、いかにリーダーシップを発揮するか
    • 実は、受講を開始したタイミングで、社内風土醸成プロジェクトタスクチームのリーダーになりました。私は元々、なんでも自分でやらないと気がすまないタイプです。また、「自分ならこうする」をもとに相手にも自分と同じやり方を求めていました。ですから、最初は「こうやろう!」と自分から発信するリーダーシップで臨みましたが、うまくいきませんでした。

      そこでコーチングの基本に立ち返り、どういう想いでプロジェクトに参加しているか、メンバー一人ひとりにその想いを語ってもらうところから再スタートしました。彼らの想いや考えを彼ら自身の言葉で話してもらう、そんなチーム運営を心がけるうちに、当初受身だったメンバーも徐々に提案や主体的な行動が増え、結果として、メンバーの想いがこもったプロジェクト運営ができました。

  • 「自分目線」から「相手目線」のリーダーシップへ
    • コーチングを学んでからは、「相手はどうしたいのだろう?」とまず考えるようになりました。「相手目線」に変化すると、自然と関わり方も変わりました。たとえば、以前は「最近仕事どう?」「そっか大変だよな、飲みに行こうぜ」と、抽象的で表面的な会話が多かったのですが、今は「大変だよな。どういう時にそう感じるの?具体的に教えて?」と掘り下げて聞くようになりました。そうやって気持ちや想いを口に出してもらうことは、相手の前進につながると確信しています。

      また、「自分は少しひいて、ここは彼にやってもらおう」と任せられるようにもなり、仕事の進め方に幅が出ました。すると、自分の業務にも余裕も生まれ、目先にとらわれることなく、中長期視点で取り組めるようになってきているように思います。

コーチングの学びがもたらしたもの


コーチ・エィ アカデミアの受講生・卒業生が
コーチングを学び、活用することで
実際にどんな変化をもたらしたか
生の声を寄せていただきました。

マネジメントに
コーチングを活かすことで昇進、
1人だった部下が20名に増えた40代女性 製造業営業企画部

コーチ型リーダーシップで、
チームのパフォーマンス、
営業共に良い影響が表れた30代男性 人材派遣会社マネージャー

コミュニケーションが
増えるにしたがい、
部下からよせられる
売上拡大のアイデアが増加40代男性 メーカー営業部長

メンバーの話を聞くことで、
自発的な提案や改善が起こり、
メンバー同士の関係も
より良くなった40代女性 福祉職マネジャー

部下育成を「押し付け型」から
「コーチング型」に変えたことで、
周囲との信頼関係が深くなり、
業績も向上50代男性 経営者

課題だった離職率が、
コーチングの実践により改善、
ここ3年間で
スタッフが1名も辞めなかった40代女性 クリニック看護師

コーチングを通して
お互いの仕事の理解が深まり、
膨大な工数を削減できた20代男性 ウェブサービスプロジェクトリーダー

「ヒューマンスキル」が
課題とされていたが、
コーチング実践後、
周囲からの評価が良くなった30代男性 外資系メーカー人事マネージャー

決まった人しか
発言しなかった会議で、
自発的な発言や
提案が増えるようになった50代女性 飲食業エリアマネージャー

コーチングについてもっと知りたい方は


読んで知る

コーチングハンドブック
『コーチングとは What's Coaching?』
をプレゼント

ご希望の方はメールアドレスを入力して、
申し込むボタンを押してください。

無料メールマガジンの配信を希望する

個人情報に関する同意事項

1.取得内容

当社サービスの資料請求・コーチングプログラム説明会・クラス体験を申し込まれたお客様から取得させて頂く個人情報は、各サービス申込様式に記載される事項及び各サービスを提供するに際してサービス提供に必要な事項に限定して取得させて頂きます。 尚、上記の申込書様式において「任意」と表記する事項について、ご本人様のご意向により情報提供については任意です。但し、「必携」箇所につきまして情報提供を頂けない場合は、ご依頼にお応えできない場合がありますのでご了承ください。

2.利用範囲

取得させて頂きました個人情報につきましては、以下の利用目的に限って使用させて頂きます。
(1) お申し込み頂きましたコーチングプログラム説明会のご案内及び運営管理事務
(2) お申し込み頂きましたクラス体験のご案内及び運営管理事務
(3) お申し込みいただきました資料送付
(4) 上記サービスにおける諸連絡事項及び当社内部の事務管理
(5) 同種の当社のサービス案内の送付

3.第三者提供先への個人情報の提供

取得させて頂きました個人情報は、ご本人様の事前の同意なしに第三者(当社の業務委託先を除く)への提供及び開示は致しません。(但し、法令の定めによる場合を除く)

4.個人情報の外部預託

取得させて頂きました個人情報は、コーチング関連サービス提供、情報処理、運送等のため、外部講師や外部業者等に預託することがありますが、これらの預託先は、当社の基準により個人情報の管理状況について評価を行い、適切な管理を行っている預託先に厳格な契約のもと、預託しております。

5.開示請求、訂正、利用停止について

取得させて頂きました個人情報は、ご自身の個人情報について利用目的の通知、開示請求、開示の結果、誤っている場合の訂正または削除、利用停止及び第三者への提供の停止に関する権利等を保有しています。(法令に定めがある場合を除く)これらの権利行使については、別途、公表する「保有個人データベースの開示等請求に関する流れ」に従って下記連絡先までご請求下さい。

6.個人情報に関するお問い合わせ先

個人情報に関する問い合わせ、苦情及び相談等は、下記までお申し出ください。

7.Web上のクッキーの利用

当社のウェブサイトはアクセスしたユーザーがウェブサイトをより効率よく使用できるようにするために、会員専用ページを含むすべてのページでクッキーを使用しています。なお会員専用のメンバーページのおいては、クッキーを拒否する場合には、利用することができませんので、ご了承ください。クッキーは、当社サイト上のユーザビリティを向上させるための情報収集に使用されますが、個人特定情報にはリンクされません。また、アクセス解析のため、他社クッキーやウェブビーコンなどを利用する場合があります。その際に個人の動向を探知したり個人特定情報にリンクされることはありません。

6. 個人情報に関するお問い合わせ先
会社名:株式会社コーチ・エィ
責任者およびお問合せ先:個人情報保護管理責任者
電話番号:03-3237-8050
メールアドレス:

聞いて・
体験して
知る

『コーチング・プログラム説明会』
(無料)

ご希望の方はこちらから開催場所や日程などを
ご確認の上、お申込みください。

<