コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30
コーチ・エィ アカデミア公式SNS
コーチ・エィ アカデミア Facebookページ
コーチ・エィ アカデミア LINE公式アカウント

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

コーチングとは
What's coaching?

コーチ・エィでは、コーチングを「目標達成に必要な知識、スキル、ツールが何であるかを棚卸しし、それをテーラーメイド(個別対応)で備えさせるプロセスである」と定義しています。つまり、コーチングとは自発的行動を促進するコミュニケーションのことをいいます。現在では組織のマネジメントにおける人材開発手法として、多くの企業・組織が、人材開発、リーダー育成、組織開発のためにコーチングを導入しています。

コーチングの意味と価値

「コーチという言葉は、もともと「馬車」のことを指し、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味で使われていました。そこから「人の目標達成を支援する」という意味で使われるようになりました。

コーチングをする人(コーチ)はコーチングを受ける人(クライアント)に、
・新しい気づきをもたらす
・視点を増やす
・考え方や行動の選択肢を増やす
・目標達成に必要な行動を促進する

ための効果的な対話を作り出します。ここで重要なのは、コーチがこれらを先導したり強制したりするのではなく、相手が主体性を持ちながらそれを実現するところにあります。

そのため、コーチングでは、基本的に「教える」「アドバイスする」ことはしません。その代わりに、「問いかけて聞く」という対話を通して、相手自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。

対話を重ねるコミュニケーションを通してコーチングを受ける対象者が目標達成に必要なスキル・知識・考え方を備え、行動することを支援し、成果を出させるプロセス。

人と組織の可能性を開くために、今リーダーやマネージャーに求められる能力です。

コーチングの活用場面・得られたこと

リーダーシップ
キャリアアップ
部下育成
スキルアップ
チームビルディング
業績向上
自発性を高める
マネジメントスタイルの確立
モチベーション

分野別

医療
教育
コンサルティング
スポーツ
プロジェクトマネジメント
営業

プライベート

セルフマネジメント
コミュニケーション力
強みを生かす
プレゼンス向上
タイムマネジメント

新しいマネジメント手法としての
コーチング

多くの企業では、仕事の能力や業績を評価し、マネージャー職を任命しています。しかし、仕事の能力と部下育成を含むマネジメントの能力は全くの別物です。しかも、急速な社会の変化、それに伴う組織のあり方の変容に応じて、マネージャー に期待される役割も変化します。その中でマネージャーは自分に何が求められているのかをリアルタイムで把握し、それを実現していく必要があります。

今日、組織が急激な環境の変化への対応をますます求められる中、社会構造はトップダウン型からボトムアップ型に移行しています。それにより、企業内でも指示命令型ではないコミュニケーションが求められるようになりました。また、年功序列、終身雇用の時代の終わりとともに権威主義は力を失い、本人の価値と企業のゴールをリンクさせることが重要視されています。そのため、マネージャーには、単なる管理を超えた、新しいマネジメントを身につけることが求められています。 そんな中、新たなマネジメントスタイルとして注目されているのが、「ティーチング」「指示」「トレーニング」「メンタリング」「カウンセリング」といった旧来のマネジメントに、コーチングスキルやコーチングの概念を取り入れた「コーチング型マネジメント」です

これまで、部下とのコミュニケーションにおいて、「話を聞く」ことがほとんどなかったのなら、まずは1日5分でも聞くようにしてみる。それだけでも、大きな変化が起きるでしょう。

企業という組織を考えた場合、上司がコーチ役となって、部下が持っている個人の価値観や能力に焦点を当て、それが企業の持つゴールの中でどのように実現できるかを 明確にすることができなければ、部下は行動を起こさず、ときには人材流出も免れない時代となりました。これからのマネージャーは部下を管理すること以上に、コーチとして部下のビジョンや能力、そして自発性に注目し、育てることが求められているのです

コーチング型マネジメントについて詳しく

コーチングの資格について

コーチ認定資格とは、コーチとしてのトレーニング実績や、スキル、経験を証明するものです。コーチ・エィ アカデミアを受講することで目指すことができるコーチングの資格には、(一財)生涯学習開発財団の資格と国際コーチ連盟(ICF)の資格があります。

日本国内で最も取得者数の多い資格
一般財団法人生涯学習開発財団認定資格

コーチングの資格の中で、もっとも代表的な資格が(一財)生涯学習開発財団認定コーチ資格です。1998 年に 一般財団法人生涯学習開発財団の認可を受け、現在までにのべ 7,500 人以上の認定コーチが誕生しています。日 本でもっとも多くの方が取得し、リーダーや社内コーチとして、コーチングを組織内外で活用されている方にとっ て、スタンダードな資格です。コーチング型マネジメントの知識と経験を有することを証明できる資格であり、 コーチングを受けるクライアントや部下、同僚の方々の安心感にもつながるため、仕事やマネジメントの中でコー チングを活用したい方が資格を取得されています。

一般財団法人生涯学習開発財団認定資格について詳しく

世界基準のコーチ資格
国際コーチ連盟認定資格

コーチ・エィ アカデミアは約 140 カ国 31,000 人以上の会員を持つ世界最大のコーチの非営利団体である「国際コーチ連盟(ICF)」により、コーチ育成基準を満たすコーチ育成プログラムとして ACTP(Accredited Coach Training Program)に認定されているプログラムです。コーチ・エィ アカデミアのプレミアムコースを受講す ることで、国際コーチ連盟認定コーチ受験のためのトレーニング基準を満たします。国際コーチ連盟(ICF)の 認定資格はグローバルでコーチとして活躍するためには必須の資格です。

国際コーチ連盟認定資格について詳しく

コーチングの学び方

スキルや知識を知るだけでは、それを十分に理解して、さらに行動として実践することはできません。つまり、コーチングは書籍や一過性の研修だけでは決して身につきません。

スキル・知識をインプットしたら、アウトプットもする。
この繰り返しが、コミュニケーションを学ぶ方法として優れています。

自分のケースについて話したり、他の人の話を聞いたりすることなど、コミュニケーションを交わしながら学ぶ方法を、コミュニカティブ・アプローチといいます。コーチングは座学ではなく、このコミュニカティブ・アプローチで身につけてく方法が最も効果的で成果が上がりやすい方法です。そして、自分の周りの人に対して学んだことを実践していくことで確実な成果につなげていくことができます。

01体系的に継続的に学ぶ

成果に繋がる学びを得るためには、理論を元に、体系的に継続的に学んでいくことが効果的です。

02コーチングを実践する

頭で理解しただけでは、コーチングスキルが身につくことはありません。実際に学びながら周囲の人に実践をして、効果を確かめながら学んでいくことが大切です。

03コーチングを受ける

コーチングを受ける立場で効果を体感することができます。自分自身にコーチをつけることで常に目標に向けて客観的な視点から考える時間を取っています。

04コーチング資格取得を目指す

コーチングの資格は、コーチングのスキル、実績、経験を証明するものです。資格を取得することで、より効果的な実践や、成果につなげていくことができます。

コーチングを学んだ成果

コーチングを学び、活用することで 実際にどんな変化をもたらしたか。
コーチ・エィ アカデミアの受講生・卒業生のみなさまに生の声を寄せていただきました。

マネジメントにコーチングを活かすことで昇進、1人だった部下が20名に増えた40代女性 製造業営業企画部

コーチング型リーダーシップで、チームのパフォーマンス、営業共に良い影響が表れた30代男性 人材派遣会社マネージャー

コミュニケーションが増えるにしたがい、 部下からよせられる売上拡大のアイデアが増加40代男性 メーカー営業部長

メンバーの話を聞くことで、自発的な提案や改善が起こり、メンバー同士の関係もより良くなった40代女性 福祉職マネージャー

部下育成を「押し付け型」か 「コーチング型」に変えたことで周囲との信頼関係が深くなり、業績も向上50代男性 経営者

課題だった離職率が、コーチングの実践により改善。スタッフが1名も辞めなかった40代女性 クリニック看護師

コーチングを通してお互いの仕事の理解が深まり、膨大な工数を削減できた20代男性 ウェブサービスプロジェクトリーダー

「ヒューマンスキル」が課題とされていたが、コーチング実践後、周囲からの評価が良くなった30代男性 外資系メーカー人事マネージャー

決まった人し発言しなかった会議で、自発的な発言や提案が増えるようになった50代女性 飲食業エリアマネージャー

無料説明会開催中

新しいマネジメント手法「コーチング型マネジメント」の理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」について詳しくご紹介します。

WEEKLY GLOBAL COACH
[毎週水曜日配信] 読者10万人以上のメールマガジン

WEEKLY GLOBAL COACHは、株式会社コーチ・エィが発行する公式メールマガジンです。エグゼクティブコーチによるビジネスコラムのほか、コーチング研究所の分析レポートなど、組織の成長を加速するためのヒントを週1回お届けしています。1998年の発行以来、エグゼクティブを含む10万人以上のビジネスリーダーにご愛読いただいています。

コーチ・エィのコーチングナレッジ

アセスメント
Assessment

タイプ分け™

タイプ分け™は、臨床心理学、組織行動学などをベースに人のコミュニケーションスタイルを4タイプに分類し、現在のあなたと周囲の人がどのタイプに当てはまるかをチェックするテストです。

Test.jp

Test.jpは、コーチングに関連したさまざまなテーマの自己診断テストや、コーチングのノウハウが詰まったコーチヴィルアセスメントやワークシートなどのコーチングツールを提供する会員制のウェブサイトです。

コンテンツ
Contents

Hello, Coaching!

コーチングやリーダーシップ、マネジメントに関する情報を発信しています

マネジメントとコーチング

企業や組織のリーダー、管理職のためのマネジメントとコミュニケーションのスキルアップに役立つヒントをご紹介します。

書籍
Books

コーチングのおすすめの書籍

コーチングやリーダーシップ、コミュニケーション関連の役に立つ書籍をご紹介します。

新規開発
Lab

COACH A Lab
コーチ・エィ ラボ

AIやブロックチェーンなどのテクノロジーを活用しサービスを新しい段階へ進化させるという動きが、世界中で進んでいます。コーチングもその例外ではありません。テクノロジーを活用することで、私たちが世の中に提供する価値を、さらに大きく、そして高めていくことができると考えています。コーチ・エィではコーチングの新しい可能性を探求し、チャレンジする場として、COACH A Labプロジェクトを始めます。テクノロジーとコーチングと組み合わせると何がうまれるのか。コーチングの可能性を開く、新しい試みを発表していきます。

無料説明会開催中

新しいマネジメント手法「コーチング型マネジメント」の理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」について詳しくご紹介します。

WEEKLY GLOBAL COACH
[毎週水曜日配信] 読者10万人以上のメールマガジン

WEEKLY GLOBAL COACHは、株式会社コーチ・エィが発行する公式メールマガジンです。エグゼクティブコーチによるビジネスコラムのほか、コーチング研究所の分析レポートなど、組織の成長を加速するためのヒントを週1回お届けしています。1998年の発行以来、エグゼクティブを含む10万人以上のビジネスリーダーにご愛読いただいています。