コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

コーチングとは

目標達成に必要な知識や技術、ツールなどを棚卸しし、それを相手に備えさせる関わり方です。
コーチングのスキルは、人と組織の可能性を開くために、今リーダーやマネージャーに求められる能力です。

部下をもつ上司の多くが抱えている
次のような問題について、
あなたはいくつ
解決策をもっているでしょうか。

  • 指示待ち・受け身の部下の自発性をどう高めるか
  • 報告・連絡・相談をしない部下のコミュニケーションを改善するには
  • 納期を守らない、遅刻をする部下にどうやって責任感を持たせるか
  • 仕事に自信がない部下に自信を持たせるには
  • 顧客志向のない部下の顧客意識を高めるには
  • 会議で発言しない部下を発言できる部下にするには
  • 自己主張が強く、人の話を聞かない部下の協調性を高めるには
↓

これらの問題は、
目先の方法論で解決できることではありません。
一歩踏み込んだコミュニケーションを
作り出すことが必要です。

コーチングとは、
対話を重ねるコミュニケーションを通して
コーチを受ける対象者が目標達成に
必要なスキル・知識・考え方を備え、
行動することを支援し、成果を出させるプロセス
つまり、
「相手が自ら考え、自発的に行動し成長していく」ことを、
双方のコミュニケーションによって実現するスキルです。

コーチングの基本は教えないこと


コーチングでは教えることの代わりに次のようなことを行います。

01.
目標を明確に設定する
02.
目標達成に必要な行動をたな卸しする
03.
考え方や行動の選択肢を増やす
04.
継続して振り返る

コーチは「問いかけて聞く」という対話を通して、
相手自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。
コーチングは相手の自発的な行動を引き出すことで相手を成功に導く手法です。

リーダーが
コーチング型マネジメントを身につける価値


社内のコミュニケーションに着目し、
コーチングを導入することで、
飛躍的に業績を伸ばしたり、
リスクを減らしているリーダーが生まれています。

平川 雅之 様

平川 雅之 様
株式会社プロフィット・ラボラトリー
代表

コーチング型マネジメントで「利益2倍」の常勝組織に

ふるまいをコーチング型コミュニケーションへと180度変えていきました。具体的には、「コーチング9割、ティーチング1割」のリーダーとして、相手に興味をもって話を聞き、積極的に質問し、部下のアイディアや発言を「いいね」と承認もするようになりました。すると、彼らから声をかけてくる機会も頻度も圧倒的に増え、社員たちが遠慮なく意見を言うようになっていきました。明らかに組織風土が変化し、社員のモチベーションや主体性の向上、業績向上が実現され、当初の目的であった利益2倍も達成されました。

横尾 英孝 様

横尾 英孝 様
千葉大学医学部附属病院
総合医療教育研修センター
特任助教(兼任・アテンディング)
糖尿病・代謝・内分泌内科

コーチング型マネジメント実践による組織活性化

コーチングによる自分と周囲への影響は予想以上のものでした。いくら専門職がいても、自分の枠の中だけで個々に仕事をしているだけでは限界があります。スタッフ1人1人が明確な目標を持ち、モチベーションやパフォーマンスを最大限に引き上げ、チーム一丸となって業務を行えば、長期的には周辺地域一帯の糖尿病診療レベルが向上し、医療費の高騰や患者のクオリティ・オブ・ライフの改善に大きく貢献できるのではないでしょうか。また、コーチングはさまざまな医療現場で活かせると思います。医療現場は専門家の集合体であり、人間が相手で不確実性の伴う分野を扱うため、高度なコミュニケーション力や問題解決能力が要求されるからです。今後は大学病院で医学生や研修医の育成にもコーチングを取り入れていこうと考えています。

遠藤 理恵 様

遠藤 理恵 様
株式会社セールスフォース・ドットコム
Salesforce.org
シニアマネージャー

マネジャーとしての成果とコーチング

相手の立場で考えるようになり、接し方が変わりました。すると、上司との会話量も増え、関係性も近くなり、より細かなことも相談できるようになったことで、私の判断やアクションがスピーディーになっています。結果的に、社内外のリソースを有効に活用している、現在の役職・立場より一段上の仕事ができている、との評価もいただくようになりました。

高橋 陽子 様

高橋 陽子 様
IT関連会社管理部
マネージャー

未来を考える問いの効果

相手の立場で考えるようになり、接し方が変わりました。すると、上司との会話量も増え、関係性も近くなり、より細かなことも相談できるようになったことで、私の判断やアクションがスピーディーになっています。結果的に、社内外のリソースを有効に活用している、現在の役職・立場より一段上の仕事ができている、との評価もいただくようになりました。

新海 一郎 様

新海 一郎 様
外資系製薬メーカー
営業企画部門

リーダーとなるその前に備える

自分から発信するリーダーシップで臨みましたが、うまくいきませんでした。そこでコーチングの基本に立ち返り、彼らの想いや考えを彼ら自身の言葉で話してもらう、そんなチーム運営を心がけるうちに、当初受身だったメンバーも徐々に提案や主体的な行動が増え、結果として、メンバーの想いがこもったプロジェクト運営ができました。

大久保 元博 様

大久保 元博 様
出版業界
代表取締役社長

コーチングの要素をマネジメントに活かす

ステークホルダーがすべて部下なので社内で純粋にコーチングを行うというよりも「コーチングの要素をマネジメントに活かす」というのが一番堅実な活用方法ではないかと思っています。確実に変わったと感じられるのは社員の意識です。「私たちが」という意識が高まり、パートナー関係が強化されたと感じています。

コーチングの学びがもたらしたもの


コーチ・エィ アカデミアの受講生・卒業生が
コーチングを学び、活用することで
実際にどんな変化をもたらしたか
生の声を寄せていただきました。

マネジメントに
コーチングを活かすことで昇進、
1人だった部下が20名に増えた40代女性 製造業営業企画部

コーチ型リーダーシップで、
チームのパフォーマンス、
営業共に良い影響が表れた30代男性 人材派遣会社マネージャー

コミュニケーションが
増えるにしたがい、
部下からよせられる
売上拡大のアイデアが増加40代男性 メーカー営業部長

メンバーの話を聞くことで、
自発的な提案や改善が起こり、
メンバー同士の関係も
より良くなった40代女性 福祉職マネジャー

部下育成を「押し付け型」から
「コーチング型」に変えたことで、
周囲との信頼関係が深くなり、
業績も向上50代男性 経営者

課題だった離職率が、
コーチングの実践により改善、
ここ3年間で
スタッフが1名も辞めなかった40代女性 クリニック看護師

コーチングを通して
お互いの仕事の理解が深まり、
膨大な工数を削減できた20代男性 ウェブサービスプロジェクトリーダー

「ヒューマンスキル」が
課題とされていたが、
コーチング実践後、
周囲からの評価が良くなった30代男性 外資系メーカー人事マネージャー

決まった人しか
発言しなかった会議で、
自発的な発言や
提案が増えるようになった50代女性 飲食業エリアマネージャー

コーチングについてもっと知りたい方は


聞いて・体験して知る

『コーチング・プログラム説明会』
(無料)

ご希望の方はこちらから開催場所や日程などを
ご確認の上、お申込みください。

日程の確認・ご予約はこちら

読んで知る

コーチングハンドブック
『コーチングとは What's Coaching?』
をプレゼント

コーチ・エィ アカデミアのパンフレットなど
ご案内資料をお届けします。

資料請求はこちら
【完全図解】成功しているリーダーが実践するマネジメント手法とは