コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

コーチングとはどのような背景から出てきた考え方なのですか。コーチングの歴史を教えてください。

コーチ(Coach)という言葉の語源は、「馬車」です。1500年代に「 大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味から派生しました1840年代には、英国のオックスフォード大学で、学生の受験指導をする個人教師が「コーチ」と呼ばれるようになりました。更に1880年代にはスポーツの分野で「コーチ」という言葉が使われるようになりました。

マネジメントの分野で使われるようになったのは、1950年代のことです。1958年に、Myles Mace(当時ハーバード大学助教授)が、マネジメントの論文で「コーチング」という言葉を用いました。その後コーチングが注目されるようになったのは、1974年にスポーツコーチである Tim Gallwey の「インナーテニス」がベストセラーになってからです。Tim Gallwey は、テニスを教えるときに、効果的な質問をして選手の能力を引き出しました。そして、1980年代にはコーチングに関する出版物が次々に登場しました。

1992年には米国に Coach University が誕生し、コーチを育成するようになりました。また、1997年には、企業内コーチの育成のために Corporate CoachU International も設立されました。日本でも同じく1997に、株式会社コーチ・トゥエンティワンが設立され、コーチの育成プログラムを展開しています。

現在、コーチングは日本でも効果的なコミュニケーションスキル、マネジメントスキルの一つとして着目され、多くの会社や個人により活用されています。

出典:伊藤守「コーチングQ&A」繊研新聞

コーチ・エィ アカデミアについてもっと知りたい方は
無料説明会へご参加ください。


東京・大阪・名古屋・福岡・中国開催

コーチング型マネジメントの理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」についてご紹介します。

無料説明会
日程など詳細・予約はこちら

日本全国・海外から(電話)

オフィスや自宅、海外からもご参加いただける電話での説明会です。2-3名という少人数の参加者で進めていきます。

無料説明会(電話)
日程など詳細・予約はこちら