コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

コーチをつける場合に効果が高い領域やテーマはありますか?

ビジネスマンにコーチがつくメリットは、多角的なものの見方ができるようになることにあります。最近は医者、会計士、弁護士の中にもコーチをつける人が増えていますが、これは、たとえ専門の資格があっても病院や事務所などを経営するためには、別の能力が求められるからです。複数の考え方や視点を盛り込んで情報を咀嚼し、戦略を考えるためにコーチをつけるのです。

では、コーチングはビジネスのどの分野でも機能するのでしょうか。コーチングは万能ではありません。仕事を「重要度」と「緊急度」という二つの軸で分けて考えたとき、コーチングの効果が最も高いのは「重要だが緊急ではない領域」です。

一般に、重要な事柄だけれども緊急ではないために手がつかず、終始気にかかっている問題を抱えている人は実は多いのではないかと思います。このような問題はずっと放っておかれるうちに緊急度が増し、重要かつ緊急な問題になって初めて処理されます。事柄によっては、緊急性がないために、永久に手がつけられない可能性もあります。

緊急で重要な仕事であれば、処理しなければならないことについては、選択の余地はありません。重要な事柄がこの段階に入る前にコーチングをすることは、重要かつ緊急な事柄を減らすことになり、真の意味でリスクマネジメントをすることが可能になります。そこでコーチングを受けたいと考える方には、「重要だが緊急ではない領域」でのテーマ設定をお勧めします。たとえば、コミュニケーションスキルの向上、キャリアプランの作成、チームワークの活性化、マネジメントスタイルの発見、パフォーマンスの向上などがあげられます。

出典:伊藤守「コーチングQ&A」繊研新聞

コーチ・エィ アカデミアについてもっと知りたい方は
無料説明会へご参加ください。


東京・大阪・名古屋・福岡・中国開催

コーチング型マネジメントの理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」についてご紹介します。

無料説明会
日程など詳細・予約はこちら

日本全国・海外から(電話)

オフィスや自宅、海外からもご参加いただける電話での説明会です。2-3名という少人数の参加者で進めていきます。

無料説明会(電話)
日程など詳細・予約はこちら