コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

自分より業務知識や経験の少ない人からのコーチングは、本当に役に立ちますか?何が得られるのでしょうか?

自分より専門の業務知識や経験の少ない人からのコーチングは本当に役に立つのかと思われる方も少なくないかもしれません。たとえば、同じ専門分野の知識を持ち成功している人からアドバイスを受けた方が、効果的なようにも思えます。

「名選手必ずしも名監督ならず」とはよく言われる言葉ですが、名選手と呼ばれた人が、自分がやってきたことをうまく言語化できなかったり、自分と同じやり方を相手に求めたりして、その人が本来もっている能力を押さえつけてしまうようなことはよくあります。会社でも、高い成果を上げた上司が部下を育てようとして同様のことが見られることがあります。

名選手が名コーチになるとは限らないのは、一言で言えば「会話」が作り出せないからです。つまり、相手の話を聞けないからです。選手を伸ばせるかどうかは、コーチが適切なコミュニケーションをしてその選手に合った方法を引き出せるかにかかっています。

そこでコーチに必要な要件とは、業務知識ではなく純粋な関心をもったよい聞き手であることです。先入観のない真っ白な状態で相手の話を聞くことが、良質のブレインストーミングをもたらします。話をすることで自分の中に眠っていた新しい可能性を発見し、手に入れることができます。つまり、その人らしくアプローチをするためのよりよい方法が引き出されるのです。

更に、コーチからの質問やフィードバックは、違う視点を備えさせることになります。これが、クライアントがそれまでに想定していた行動パターンや捉え方とは異なる選択肢を提供することになります。

出典:伊藤守「コーチングQ&A」繊研新聞

コーチ・エィ アカデミアについてもっと知りたい方は
無料説明会へご参加ください。


東京・大阪・名古屋・福岡・中国開催

コーチング型マネジメントの理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」についてご紹介します。

無料説明会
日程など詳細・予約はこちら

日本全国・海外から(電話)

オフィスや自宅、海外からもご参加いただける電話での説明会です。2-3名という少人数の参加者で進めていきます。

無料説明会(電話)
日程など詳細・予約はこちら