コーチングの具体的な成果 | coachAcademia(コーチ・エィ アカデミア) | コーチングの全てを学ぶコーチング・プログラム

ホーム > 受講生の成果 >

コーチングの具体的な成果

コーチングを学んだ方が手にした具体的な成果をご紹介します

コーチングは、リーダーシップの質が向上することにより具体的に成果をもたらします。そして、リーダーシップの質の向上が、あなたの周りに変化をもたらします。コーチングを学んだ方が手にした具体的な成果をご紹介します。

自身のキャリアアップ

40代女性
製造業

マネジメントにコーチングを活かすことで昇進し、1人だった部下も20名に増えた

コーチングを学びはじめた当時は、部下が1名いるだけでした。その後部門が大きくなり、部下が増え、1年後には私自身が部長に昇進しました。現在は20名の部門をみています。

うまくマネジメントにコーチングを活かせているからこそ、任せられた役割だと思います。

30代女性
リサーチサービス

営業部門のリーダーから、部門を超えた会社全体のパフォーマンス向上に向けた「社内コーチ」に

営業部門リーダーをしている際にコーチングを学びました。コーチングを学び、部下マネジメントに活かしたり、営業のほかのリーダー・マネージャーをコーチすることで、社内で評判になり、社内に「社内コーチ」という新設部門を作られ異動しました。

コーチングを通して会社全体のパフォーマンスを高めたいという思いを実現しています。

業績・営業成績の向上

20代男性
人材系
営業課長

部下の想いを引き出し、聞くことで、最下位の達成率だったチームがトップ

営業チームの課長として、新卒1-3年目という若いチームをマネジメントしています。数字のプレッシャーでチームの雰囲気が悪く、メンバーはがんばっているものの、なかなか成長せず困り果てている状態でした。

今までは、全てこうしたほうがいい、とティーチングをしていましたが「どうしたらうまくいくと思う?」「そのお客さんは今どんなことを考えていると思う?」と質問を沢山取り入れるようにしました。

モチベーションの落ちている部下にも、今まではお茶や飲みに誘って「大丈夫だよ」と励ましていましたが、部下の想いをとにかく引き出して、きいてあげるようにしています。

いつも最下位の達成率だったチームが、四半期に事業部で一番の達成率で表彰されたことは、心の底からうれしい出来事でした。

30代男性
人材派遣会社
マネージャー

指示命令型のリーダーから、コーチ型リーダーに変わることで、チームのパフォーマンスだけでなく、営業でも良い影響が表れた

リーダーは「メンバーに具体的な指示・命令を伝えるべき」という姿勢を貫いていました。その姿勢は、チーム状況が混沌としている局面では確かに機能しましたが、より高い目標達成の為に個と組織がさらなる成長を求められる局面では、メンバーの自主性を損ない、リーダーである自分の存在がかえってチームの成長にブレーキをかけていました。

コーチングを活用してからは「リーダーの仕事は目標達成を支援すること。チーム全員が主人公であり、メンバーのパフォーマンスが上がる関わりをすることが自分のミッションである」と意識の変化が起きました。その変化がきっかけとなり営業面でも良い影響があらわれ、結果、本年度上期の営業成績優秀者として、社内表彰を受けました。

40代男性
会計士

コーチングを通して顧客から引き出せるようになり、新規契約数が増えた

会計士として個人事務所を経営しているが、コーチングを学ぶことで顧客経営者のニーズを引き出すことができるようになり、新規契約数が増えた。

40代男性
メーカー
営業部長

コミュニケーションが増えたことで、部下からの売上拡大に向けたアイデアが増えた

コーチングを学んで営業部長の自分から声をかけ、コミュニケーションの機会を増やしていった。すると部下からのコミュニケーションがとりやすくなり、売上拡大に向けたアイデアが増え、その実行をあと押しすることができ、売上拡大につながった。

組織風土の変化

40代女性
福祉職
マネジャー

メンバーの話を聞くことにより、自発的な提案や改善が起こり、メンバー同士の関係もより良くなった

新しくできた施設の長になり、いろいろな職種のメンバーをまとめる役割になった。気づいたことは何でも言ってほしいと何度もリクエストし、メンバーの話を聞いていたら、不平や不満よりも、自発的な提案が多くなってきた。可能なところはどんどん改善して、施設もよくなっているし、メンバー同士の関係もよくなっている。

40代女性
アパレルメーカー
営業

定期的なコーチングを実践することにより、部下の提案数が増加した

これまで部下は「何も考えていない」と思っていたが、定期的なコーチングの中で部下の話をさえぎらずに聞くということを実践すると、部下もいろいろと考えていることがわかった。私も納得するようなアイデアがあったので、更にコーチングのテーマにして実行に移せるように支援した。その後も私が考えを聞くようになったので、刻々と状況が変化していく中で、よりよく実行するためのアイデアをつど提案してくるようになり、提案数が増えた。

部下の成長・変化

経営者

押し付け型の部下育成からコーチング型に変えたことで、周囲との信頼関係が深くなり業績も向上した

営業の管理職になった時に、部下の育成がうまくいきませんでした。具体的には自分のやり方を押し付け、できない部下を責めてばかりいました。コーチングの本を読んで理解するだけでは部下育成にならないと思い、学びをスタートしました。オンラインクラスでの学びを実践することで、部下の話をよく聞くようになっり、周囲との信頼関係が深くなった。 また自分と人との違いを理解することで、人を思い通りにしようと思わなくなりました。その後、父の後を継ぐこととなり経営者になった。今は会議の雰囲気も変わって、 累損も全て返すことができました

30代男性
経営者

聞き方を変えたところ、以前はなかった部下の方から相談や報告がくるようになった

今までは、気になることがあるとこちらから部下のところに「どうなっているの?」と聞きに行っていた。コーチングを学んで、部下が話している時に、手を止めて、相手と同じ目線になって聞くようにした。自分が話すより、部下に話してもらうよう、心がけると、部下の方から相談や報告に来るようになった。

部下の強みやタイプに合わせた関わりをしたところ、自発的に動くようになった

部下に自分が理想とするリーダーシップを取ってほしいと思っていたが、部下の強みやタイプを考えると自分とは違うタイプノリーダーシップを取るのが、相手のパフォーマンスを上げると気付いた。その部下が最も生き生きとリーダーシップを取っているところを描き、それを期待として伝えたら、嬉しそうにして、自発的に動くようになった。

サービス系
営業リーダー
30代男性

他責で"お荷物社員"と言われた部下が、新たなプロジェクトを立ち上げ成果をあげた

別の部門から、"お荷物社員"とレッテルを貼られて異動してきた部下がいました。面談を通して、営業としてどうなりたいのか、何が強みなのか、彼のことを知るための質問を沢山し、否定することをせずに関わりました。

異動当初は、他責の発言が目立ちましたが、少しずつ、積極的な発言が増え、「新しいビジネスモデルで提案して、お客様と事例を作りたい」という目標が出てきました。半年後、実際にお客様に提案したプロジェクトが成功して、会社のニュースリリースに載るという成果を上げてることができました。

コーチングをしていた直接の部下だけでなく、その部下のパフォーマンスまであがった

部下を育成する視点が少なかった部下の部長をコーチングをすることで、部長も部下の話を聞く、承認することをはじめ、部下のパフォーマンスがアップした。

当初は消極的だった部下が、自信を得ることにより成長を意識するようになった

管理職になってほしいと思っている女性の部下にコーチングを開始した。当初は「自分は管理職は目指していない」と言っていたが、継続的なコーチングを通して本人も自信を持つことができ「管理職を目指したい」と言ってくれるようになった。次のタイミングで昇格予定。

コーチングを通して部下の思考/行動が変化し昇進につながった

部下の成長を促がしたいと、コーチングを学びました。チームのリーダー格ではあるものの、課長職に上げるには視点が低い部下がいたのですが、コーチングを通して、一つ上の立場で物事を考えられるようになり、チームの中でも後輩の育成などに積極的に関わるようになりました。 部長からの評価も上がり、この春から課長職に承認してもらうことが決まりました。私も本人もとてもうれしい変化で、コーチングをやって本当によかったと思っています。

急な状況変化で戸惑う部下にコーチングを行ったところ、何をすべきか明確になり行動が加速した

急激に業務量が増え、モチベーションが下がってしまっていた部下にコーチングをスタートしたところ、その状況の中で何をやっていけるのか、いち早く業務を進めていくために何ができるのかアイデアを引き出すことができ、行動が加速した。

「昇進はコーチングのおかげです」と部下から感謝された

昇進のタイミングの部下をコーチングしていた。思い通りにならないと怒りっぽいところがあったがコーチングを通して、部下自身が自分に向き合う時間となり、「感情的にならずに率直に考えを伝える」ということができるようになった。「昇進はコーチングのおかげです」と部下から感謝された。

周囲の変化

伝え方を変えたことで、想いが相手に届き感謝されるようになった

メタボ健診の保健指導では、コーチングを意識しています。

先日、従業員の方が私の保健指導を受けた方が「今までは、健康管理室から呼び出されるとすごく嫌な気分だったし、食事に気をつける、運動をするなどを言われるのがつらかったけど、今回は本当に私のことを理解しようとしてくれているのが伝わってきて、はがんばろうと思えるんです」という言葉をいただいて、嬉しい気持ちになりました。今までは、相手に役立つことを話せば、人は動くものだと思っていましたが、そうではないことを知りました。コーチングを学び始めてからは、相手の未来のビジョンを引き出せるようになりました。相手が話す時間が増え、自分で言葉にしたことが実際の行動に移すことが出来るようになっていることを実感しています。

公務員
50代

効果的な質問をしたところ、相手からどんどんアイディアが出てきて実現していった

今まではHP作成担当に対して「なぜ、できないのだろう」と「やる気がない人」と決め付けをしていた。効果的な質問で学んだ問いかけ「HPで一番表現したいことは何?」などを試してみたところ、その社員はどんどんHPの具体案を出して実現していった。相手が能力を持っていたにも関わらず、引き出していないのは自分だったことに気付いた。

離職率低下・従業員満足度の向上

採用面接時に、効果的な聞き方や質問をすることで、優秀な人材を採用できた

業界的に人材不足の中、採用面接の際、コーチングで学んだ相手の話を聞く、質問することで「面接で経営トップにしっかり話を聞いてもらったことで、御社で仕事をすることを決めました」と優秀な人材を採用することができた。

離職率が課題だったが、コーチングの実践により、ここ3年間で1名のスタッフも辞めなかった

クリニックで働いている看護師です。以前より、看護師を採用しても1年以内の離職が多く定着しないことを課題に感じていました。コーチングを学んで部下・後輩に活用したところ、この3年間1名もスタッフが辞めていません。

経営者自らコーチングを実践することで、若手が楽しそうに仕事に取り組み定着率も高まった

若手の定着率が低いことが課題であったが、経営者である私がコーチングを実践することで、社内の雰囲気が明るくなり、提案も増えた。若手の定着率も高まり、楽しそうに仕事をしている。

コストカット

コーチングを通してお互いの仕事の理解が深まり、膨大な工数を削減できた

私は営業部門にいます。コーチングを学んで、経理部門の同僚をコーチしました。話していると、経費の処理で重複しているものがあることがわかり、無駄な部分をなくそうということになりました。お互いの部門で提案して仕組みを作った結果、膨大な工数を削減することができました。コーチングの直接の成果ではありませんが、コーチングで話すことで、お互いの仕事についての理解が深まった結果だと思います。

ヒューマンスキルの向上

部下とのやりとりにコーチングを導入した結果、360度評価が社内平均よりも高くなった

私は外資系企業で働いています。上司から、「あなたは、専門スキルは高いが、ヒューマンスキルを高めない限り、これ以上うえにプロモートさせることが出来ない」と言われたことから、コーチングを学びました。

1年間、部下とのやりとりにコーチングを活かしたところ、社内の管理職者向けの350度評価で部下からのFBが社内平均より高まりました。特に、部下からの「いつも私の成長のことを考えてもらっている」というコメントがうれしかったです。

課題と指摘されていたヒューマンスキルが変わり、周囲から良い評価を貰えるようになった

パフォーマーとしては優れているが、人を通して成果を出すということが、今後の課題になっていた。そのためには、ヒューマンスキルを身につけ、相手の感情に働きかけてモチベーションを上げるやり方を学ぶ必要があると上司から指摘されていた。コーチングを学んで、相手がなぜそういう考えを持つのか、なぜその行動をするのかを知ろうとしたことで、自分のコミュニケーションが変わり、360度評価のスコアが上がり、「話しやすくなった」「感謝の気持ちを伝えてくれる」「今後も相談させてほしい」というコメントももらった。

会議・面談の変化

決まった人しか発言しなかった会議が、自発的な発言や提案が増えるようになった

会議は決まった人が発言する会議になっていたが、会議の中でもコーチングで学んだ質問をしたり、発言したことについて承認したりしていたら、自発的な発言や提案が増えてきている。

メーカー
マネジャー

コーチングフローを活用し、会議が整理でき、実際に行動を移すことに役だった

コーチングを学ぶ前は、ミーティングをマネジメントすることはできていると思っていました。クラスで学んだコーチングフロー(コーチングの会話の型)を活用し、目先の問題解決ではなく、未来への行動に働きかけられるようにヴィジョンと目標設定→現状とGAPの明確化→実行→効果測定という会話の柱を元に、相手が意見を言いやすいような質問を活用するように変化を起こしました。それによって役職に関係なく議論を整理してく事ができるようになりミーティング後には、実際に行動に移すことに役立っていますそしてその会話が派生して営業で大きな難題があった時、それを乗り越えてを良い方向に変える事につながりました。

メーカー
部長
50代男性

会議にコーチングフローを導入したところ、効果的な話し合いができ、次の打ち手が見えるようになった

会議にコーチングフローを活用しています。最初に議題のゴールを明確にして、目指す方向、現状、GAP、具体的な行動を決める流れを部下にも共有しながら会議を行うようにしました。以前は、漠然と情報共有やディスカッションをすることが多く、時間も長くなることが多くありましたが、今はより効果的な話し合いができ、次の打つ手が見えてくるようになりました。

メーカー営業推進
40代女性

一方通行な勉強会のやり方を双方向に変えた所、参加者が増えた

全国の営業マン向けに、電話で勉強会や会議をすることがあります。以前は一方通行に情報を伝えることがほとんどでしたが、営業の方法についてなど参加している営業マンが考えるための質問を投げかけ、営業の人が考えて意見交換をする進行にかえました。以前よりも参加者が増え、若手の営業マンから勉強会のリクエストが来るようになりました。

ネガティブな事を伝えづらかった面談が、課題に向き合う面談に変わった

部下との面談の際、今までは物怖じしてしまいネガティブなフィードバックを伝えられなかったが、コーチングで学んだフィードバックのポイントを実践することで、部下自身が自分の課題を向き合う面談ができるようになった。

研修担当
20代

社内調査の結果を伝達する面談が、改善を考える場に変わった

社内調査の結果を伝達する面談が、改善を考える場に変わった。 社内で実施している調査結果を定期的に支店長にフィードバックしている。 年が20歳近くも上の支店長へのフィードバックはいつも緊張するばかりで、一方的に結果を伝えるだけで終わっていた。 今年は、Coachacademiaのオンラインクラスで学んだことを実践しようと思い、コーチのスタンス(伴走者として)で、とにかく支店長の話を聞くことに徹した。そうすると、支店長から改善のアイディアが出てくるようになった。

権限移譲

不動産販売会社
社長

ワンマン経営の影響で多くの社員が自分に依存的だったが、考えさせる質問を繰り返す中で次の経営者が育ってきている

オーナー社長としてずっとワンマン経営をしてきた。次世代に事業を引き継ぐタイミングを迎えつつある中で、多くの社員が自分に依存的で、リーダーが育っていないことに気づき、コーチングを学ぶことを決めた。

各事業部の計画や、方向性などもこれまでは自分の指示で動いていたが、「これから何をやってみたいか?」「自分だったらどうするのか?」といった質問を繰り返す中で、これなら任せられるというリーダーたちが育ってきて、自分がいなくてもことが進むようになってきた。うれしいような、少し寂しいような気持ちではあるが、当初の目的を達成しつつあることを実感している。

あなたのマネジメントにコーチングをどのように活かしますか。

コーチング・プログラム説明会(無料)
日程・会場 / 予約