コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

マネジメントとコーチング
Coaching Management

自分のタイプを知り、相手のタイプを知る

2016.8.23

配属先の上司との相性は、仕事だけではなく、人生そのものに影響します。

上司に恵まれれば、成長の機会と日々の高いモチベーションが約束されるでしょう。反対に、気の合わない上司であれば、長期間の我慢を強いられることになります。

しかし、部下は上司を選べません。もちろん上司も部下は選べませんが、上司は、部下を自分の意向に沿わせることができます。けれども、部下にその機会はほとんど与えられていません。

一般的に見て、上司の行動や言動に問題があったとしても、それを部下が上司に直接伝えるのはリスクが伴います。最近は、360度フィードバックの評価システムを使って、上司に現状を知らせる方法も出てきていますが、徹底しているとはいえません。こうなると、部下の運命はまさに「天に任せる」といった感じで、「自分ではどうにもならない」という無力感に陥ります。

しかしながら、自分にとって「苦手」であったり「相性が悪い」上司であっても、彼らとの間に、どのようなコミュニケーションのパイプを通すかという可能性を探る方法はあります。自分にとって苦手と思われる上司であっても、誰とも口をきいていないわけではないし、すべての人に嫌われているわけではありません。自分にとって苦手な上司とも、パイプを作る可能性はあるはずです。

そのときまず最初にやることは、自分について知ること。次に、上司について知ることです。難しい話ではなく、自分がどのような価値観や、判断基準をもっているかなど、自分のタイプについて知るのです。同じように、上司のタイプも知ることです。

その切り口の一つとして、コーチングでは、人のタイプをあえて単純に4つに分ける「タイプ分け™」を使用します。4つのタイプとは、ものごとを支配することを好む「コントローラー」タイプ、社交的で行動的な「プロモーター」タイプ、分析型の「アナライザー」タイプ、そして、人との関わりを大事にする「サポーター」タイプです。

自分はどれに当てはまり、上司はどれに当てはまるかを知ることで、コミュニケーションのとり方に戦略を持つことができるようになります。

「タイプ分け™」について詳しく

出典:伊藤守「部長講座」日経産業新聞

WEEKLY GLOBAL COACH
[毎週水曜日配信] 読者10万人以上のメールマガジン

WEEKLY GLOBAL COACHは、株式会社コーチ・エィが発行する公式メールマガジンです。エグゼクティブコーチによるビジネスコラムのほか、コーチング研究所の分析レポートなど、組織の成長を加速するためのヒントを週1回お届けしています。1998年の発行以来、エグゼクティブを含む10万人以上のビジネスリーダーにご愛読いただいています。

無料説明会開催中

新しいマネジメント手法「コーチング型マネジメント」の理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」について詳しくご紹介します。