コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

お急ぎの説明会予約・お問合せ
0120-32-8815
平日9:30〜17:30

コーチング型マネジメントを学ぶcoachAcademia(コーチ・エィ アカデミア)

MENU

マネジメントとコーチング
Coaching Management

ルールのないコミュニケーション

2017.1.12

コミュニケーションが難しい一つの理由は、コミュニケーションに関するルールの確認がないまま、コミュニケーションが実際に交わされている点にあります。

,

唯一、目上の人には敬語を使うといった、上下間の了解事項があるだけで、相手が話しているときには口をはさまない、結論の先取りはしない、自分の考えを言っても仕返しはされない、などのルールはありません。コミュニケーションとはかくあるべきという表面的な理解は一応あるものの、決してそこに同意があるわけではありません。

「口の利き方を知らない」
「長幼の序というものを知らない」
「言葉遣いに気をつけろ」
「誰に向かってしゃべっているんだ」
「いいから、黙って聞け」
「仕事もろくにできないくせに」
など、上司はいざとなれば、伝家の宝刀を抜きます。もっとも、最近はそれもあまり通用しません。

さて、本来コミュニケーションは、年齢や役割を超えて、対等な立場で交わされるものなのですが、それについても同意はありません。会話が混乱するのは、話の内容や意見の食い違いにあるのではなく、コミュニケーションに対する理解、そのルールに対する真の同意がない点にあります。

たとえば、
コミュニケーションを交渉の手段として考える
コミュニケーションを介してアイディアを創出する
コミュニケーションを交わして、協力・協調関係をつくりだす
などのように、どのような目的をコミュニケーションにもたせるかによっても、意味は違ってきます。

そうなると、普段からコミュニケーションをどのようにとらえているかについて、まず、コミュニケーションを交わす必要があります。そのことを「メタ・コミュニケーション」と言います。

コミュニケーション全般について、また、今ここで交わしているコミュニケーションが、お互いにどのような影響を与えているかについて、それをテーマに、コミュニケーションを交わすのです。そのことを、会議やちょっとしたミーティングで話題にするだけで、コミュニケーションは変わります。

出典:伊藤守「部長講座」日経産業新聞

WEEKLY GLOBAL COACH
[毎週水曜日配信] 読者10万人以上のメールマガジン

WEEKLY GLOBAL COACHは、株式会社コーチ・エィが発行する公式メールマガジンです。エグゼクティブコーチによるビジネスコラムのほか、コーチング研究所の分析レポートなど、組織の成長を加速するためのヒントを週1回お届けしています。1998年の発行以来、エグゼクティブを含む10万人以上のビジネスリーダーにご愛読いただいています。

無料説明会開催中

新しいマネジメント手法「コーチング型マネジメント」の理論・スキル・活用方法を学ぶプログラム「コーチ・エィ アカデミア」について詳しくご紹介します。